日本全国、それぞれの産地にある絶品牡蠣、知ってますか?

クリーミーで、口の中いっぱいに海の香りが広がる牡蠣。

日本全国の海には、個性のある牡蠣があることをご存知ですか?

日本の海は山が近いので、海に流れ込んだ森の養分がおいしい牡蠣を育てます。

だから海によって全く違う牡蠣が育つんです。

ご紹介するのは全て生で食べられるブランド牡蠣。

個性あふれる日本の海の絶品、味比べしてください!

今月のラインナップはこちら!

伊勢志摩プレミアム(三重県)

伊勢志摩海域で生産するシングルシード養殖法を用い、世界に通用する、甘くうま味が凝縮されたプレミアム「牡蠣」です。甘みが強く小粒なのが特徴です。

Click!三重を旅しよう

マルえもん(北海道)

牡蠣らしい甘みのある、たっぷりと詰まった身が特徴。牡蠣特有の磯臭さが少ないので、生でも、焼いても、揚げても、どんな調理法でも美味しく頂けます!口に広がる牡蠣の旨味とそれぞれの調理法で変わるハーモニーを楽しんで。

Click!北海道を旅しよう

赤穂クリスタル(兵庫県)

聖なる生島と清流千種川が養分を運ぶ坂越湾は、太古のままの自然が残る海です。口にした瞬間に、澄み切った旨味とクリーミーな甘みが広がります。

Click!兵庫を旅しよう

知内かき(北海道)

知内かきは、流れが早く冷たく濁りの少ない津軽海峡で育った牡蠣なので、臭みが少なく旨みの多いのが特長です。夏に実入りが良くなっていく牡蠣です。

Click!北海道を旅しよう

仙鳳趾(北海道)

仙鳳趾(せんぽうし)とは、アイヌ語で「小魚のたくさん獲れる場所」。つまり栄養豊富なプランクトンに恵まれている海。昆布森という名前の通り、ほのかに昆布の旨味を感じることもできます。

Click!北海道を旅しよう

※牡蠣の生産は自然環境の中で行っているため、稀に天候や気象条件などによって入荷が止まることもあり、
その場合はお送りするラインナップが変更になることもあります。

お届けするのは創業150年、牡蠣に絶対のこだわりを持つ仲卸“山小三”

日本全国の絶品牡蠣をお届けするのは、東京大田市場で牡蠣の仲卸問屋を営む山小三(やまこさ)

山小三は安政3年(1856年)創業の歴史を持ち、他社にはない牡蠣に対するこだわりで、安全・安心な販売を実現しています。

国内の生産地には必ず足を運び、生産者と顔を合わせ、生産過程や牡蠣に対する想いなどを確認。

納得したものだけを仕入れています。

これにより、ただ牡蠣を販売するだけなく、

「なぜ美味しいのか?」「なぜ安全なのか?」「どんな人が、どんな場所で、どんな想いで作っているのか?」

をきちんと説明が出来るようになるのです。

私たちは、常にお客様に自信を持って勧められる「安全」で「新鮮」な美味しい牡蠣だけを選び、販売しています。

https://www.yamakosa.com/